Piano Neiro Koubou
ピアノ音色工房
スタインウェイ・ボストン・エセックスピアノ宮崎県正規特約店
ピアノ調律/修理/オーバーホール



    調律師の書いた「ピアノを楽しむ」ポイント

     いつまでも楽しめるピアノの条件。



一般にピアノの寿命は長く、大切に保管をすれば人間と同じく60年〜80年位は良い音色を奏でることが出来ます。

しかし、そのピアノが持主に大切にされなければ、短い寿命で使えなくなる可能性が高くなります。


では、いつまでも大切にしてもらえるピアノの条件は何なのでしょうか?


偶然の環境や多くの条件が必要に感じられますが、
一点に絞れば「良い音色のピアノ」かどうかが、大きな条件の違いになると思われます。


良い音色のピアノは、"色彩的"で"色々な表情"をもち、持主がコミュニケーションをとりたくなるピアノです。


そのようなピアノは、持主があまりピアノを弾けなくても
、一音一音が美しく感じられるため、オルゴールの蓋を開けるように、つい蓋を開けて音色を聴きたくなります


鍵盤の押しかたで響きが変わり、透明で透き通った音色が響きます。

ピアノの音色で今日の天気や、自分の体調までわかってしまいます。


皆さまのお手持ちのピアノはいかがでしょうか?





目次      次へ ≫ 


top


有限会社ピアノ音色工房
tel. 0985-64-0570 fax. 0985-64-0577
〒880-0936 宮崎市天満2丁目1−5
スタインウェイ会特別会員・(社)日本ピアノ調律師協会会員

info@e-neiro.com

Copyright(c) 2003-2014 Piano-Neiro Koubou. All Rights Reserved.このページの内容を許可無く転載する事を禁じます。