Piano Neiro Koubou
ピアノ音色工房
スタインウェイ・ボストン・エセックスピアノ宮崎県正規特約店
ピアノ調律/修理/オーバーホール



音色音痴(ねいろおんち)にならない環境




■ 音色音痴にご用心U [スピーカーorアコースティック]


もう一つの問題が、絶対音量に関しての感覚です。


最近の私たちの身近なスピーカーは性能がよく、ステレオもテレビもシアターも大音量でも聴きやすい音質です。


それ以外にも、
日常空間に大音量を聞く環境は”交通量の多い大通り”、”スーパーや家電店”など多々あります。


おそらくクラシックの作曲家の時代に比べれば、平和な時間の音量は少し大きくなったのでは・・・ と、想像できます。


大切なことは”絶対音量に関しての感覚が変われば ”ff (フォルテッシモ)” の意味までも変わってしまうことです。


ある先生に ”ff
(フォルテッシモ)” は ”pp (ピアニッシモ)” によって決まると教わったことがあります。


もしかすると ”pp (ピアニッシモ)” が ”mp (メゾピアノ)” 位に・・・


”ff (フォルテッシモ)” が ”fff (フォルテシッシモ)” 位になってはいないでしょうか?



≪ 戻る    目次    次へ ≫

top


有限会社ピアノ音色工房
tel. 0985-64-0570 fax. 0985-64-0577
〒880-0936 宮崎市天満2丁目1−5
スタインウェイ会特別会員・(社)日本ピアノ調律師協会会員

info@e-neiro.com

Copyright(c) 2003-2014 Piano-Neiro Koubou. All Rights Reserved.このページの内容を許可無く転載する事を禁じます。